GA4 アクティブユーザーとは、総ユーザー数とは

公開日時:

最終更新日:

アクセス解析

Googleアナリティクスのユーザー数

Googleアナリティクスを使用する際、チェックしたい指標としてユーザー数があると思います。

ユニバーサルアナリティクスでは、ユーザー(ユニークユーザー)をチェックしていた方も多いのではないでしょうか。

合わせてセッション数、ページビュー数といった数値もチェック、という流れと思います。

それでは、GA4の場合にはユーザー数をチェックする場合には、どの指標を見ると良いのでしょう。

GA4において、ユーザー数に関する指標としては、

・アクティブユーザー数
・総ユーザー数

があります。

GA4ユーザー数

アクティブユーザー数と総ユーザー数、どちらを見るか、それには各定義をしっかりと把握することが大切です。

指標の定義を把握して、目的に応じた指標を見ることが必要になります。

GA4のアクティブユーザー数とは

アクティブユーザーとは、

1秒以上画面が前面に表示されていたユーザー数

と定義されています。

例えば別タブでページを開いたとしても、そのタブを選択していない場合(前面に表示して見ていない場合)は、アクティブユーザーとしてカウントされません。

Googleアナリティクス ヘルプによると、

A4 のプライマリ ユーザーに関する指標: ウェブサイトまたはアプリケーションにアクセスした個別のユーザーの数。エンゲージメント セッションが発生するか、アナリティクスで以下の情報が収集されると、アクティブ ユーザーとして認識されます。

ウェブサイトの first_visit イベントまたは engagement_time_msec パラメータ
Android アプリの first_open イベントまたは engagement_time_msec パラメータ
iOS アプリの first_open イベントまたは user_engagement イベント

引用元:[UA→GA4] 指標の比較: Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクス

と記載されています。

詳細は割愛しますが、エンゲージメントセッション(※)、もしくは条件を満たしたユーザーをカウントするということで、実際にアクティブなユーザー数を知りたい場合にはアクティブユーザー数を見るとよいでしょう。

※エンゲージメントセッションとは、
・10 秒を超えて継続したセッション
・コンバージョン イベントが発生したセッション
・または 2 回以上のページビューもしくはスクリーン ビューが発生したセッション

GA4の総ユーザー数とは

総ユーザー数とは、

GA4 総ユーザー数

マウスオーバーした際の説明文にもありますが、

「エンゲージメント イベント発生の有無によらず、サイトやアプリを操作したユーザーの合計数」

です。

GA4ではアクティブユーザー数、総ユーザー数 どちらの指標を見るとよいのか

GA4で指標として見るケースが多いのは、アクティブユーザー数になるでしょう。

UAのユーザー数と比較をしてみても、数値のずれがより小さいのはアクティブユーザー数のはずです。

また先ほども参考にしましたが、

[UA→GA4] 指標の比較: Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクス

でも、

ユニバーサル アナリティクスでは、ほとんどのレポートで「合計ユーザー数」(「ユーザー」と表示されます)に焦点が当てられ、GA4 では「アクティブ ユーザー」(「ユーザー」とも表示されます)に焦点が当てられます。このように、どちらの場合でも「ユーザー」という用語が表示されますが、UA では「合計ユーザー数」、GA4 では、「アクティブ ユーザー」が使用されているため、UA と GA4 ではこの指標の計算が異なります。

ウェブサイトへの再アクセスの頻度によっては、UA の「合計ユーザー数」指標と GA4 の「アクティブ ユーザー」指標はほぼ同じ数値になることがあります。

と書かれています。

探索レポートを生成する際も、アクティブユーザー数を使用する頻度が増えることが想定されます。

アクセス解析の導入・運用サポート、お気軽にご相談ください

GA4ではUAの時よりも様々なデータが取得しやすくなっています。

その分、分析の仕方が複雑になってしまっているとも言えます。

知りたい数値を見るために、レポートの設定も重要になってきます。

正文舎ではGA4の導入サポート、またGA4を活用してWEBサイトの集客状況を分析、改善施策のご提案なども承っております。

お困りごとがありましたら、お気軽にお声がけください。

また、ホームページは公開してからがスタートです。

公開後のサポートについても、お客様それぞれに必要なサポートをご提案させていただいております。

SEO対策の悩み、どんなコンテンツを追加していけば分からない、といったことなども、お気軽にご相談いただけますと幸いです。
(ヒアリング~お見積りまで無料です)

お問い合わせはこちら

Author of this article

遠藤

主にSEO担当、コンテンツマーケティングも得意です。2004年からSEOを開始。2021年2月より正文舎にて現職、Webディレクター、SEOディレクター。ウェブ解析士。現状のサイト分析、改善のご相談もぜひお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/k_endou_seo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ