GA4で復活した直帰率を見る方法と注意点

公開日時:

最終更新日:

アクセス解析

GA4になって消えた直帰率

GA4 直帰率ってどう出す?

当初、

GA4で直帰率がなくなった!!

と話題になりました。

直帰率に代わる指標をどうしようか、困っていた方も多いのではないでしょうか。

直帰率をWebサイトの重要な指標として、クライアントと共有していた担当者の方も多いと思います。

しかし、そうこうしているうちに直帰率が復活しました。

ただし、慣れ親しんだユニバーサルアナリティクスの直帰率とは定義は異なっています。

そこで本記事では、復活したGA4の直帰率について解説をしたいと思います。

また、GA4では直帰率はデフォルトで表示されるようにはなっていません。

設定方法についてもまとめていますので、ご参考していただけたらと思います。

復活したGA4の直帰率

GA4で消えた直帰率、復活はしましたがこれまでの直帰率とは定義が異なります。

ですからまずはGA4の直帰率がなにを指すかを抑えておく必要があります。

GA4での直帰率の定義

[GA4] ディメンションと指標

[GA4] ディメンションと指標 – アナリティクス ヘルプ

ヘルプには、

「エンゲージメントのなかったセッションの割合」

と記述されています。

エンゲージメントのあったセッション数は、

「10 秒以上継続するか、コンバージョン イベントが発生するか、ページビューまたはスクリーン ビューが 2 件以上発生したセッションの数」

と定義されています。

ユニバーサルアナリティクスの直帰率の定義

ユニバーサルアナリティクスの直帰率は以下です。

「直帰とは、サイト内の 1 ページしか閲覧されなかったセッションのことです」

直帰率 – アナリティクス ヘルプ

GA4の直帰率を見る方法

ユニバーサルアナリティクスの直帰率はデフォルトで表示がされていましたが、

・GA4では探索レポートで見る方法

・標準レポートの「ページとスクリーン」に直帰率を追加して見る方法

があります。

それぞれの設定を見ていきましょう。

探索レポートで直帰率を見る

探索レポートで直帰率を見ることが出来ます。

指標 > セッション にあります。

探索レポート 直帰率

標準レポートで直帰率を見る

GA4の標準レポートで直帰率が見られたら、便利ですよね。

直帰率を標準レポートに追加することができますので、方法をご紹介します。

まず、標準レポートを複製して元レポートは残しておくことをおすすめします。

使用するレポートは「ページとスクリーン」です。

ページとスクリーン

「レポートをカスタマイズ」アイコンをクリックします。

レポートを保存

保存をクリックします。

新しいレポートとして保存

新しいレポートとして保存します。

新しいレポート名を付けて保存

新しいレポート名を付けて保存します。

レポートをカスタマイズしていきましょう。

指標

「指標」をクリックします。

+指標を追加

「+指標を追加」をクリックします。

直帰率を選択

下にスクロールしていくと「直帰率」がありますので選択します。

ドラッグして上に移動

追加すると一番下に追加されますが、ドラッグして上に移動することができます。

上にいくほど、レポートでは左側に表示されます。

見やすい場所に移動

見やすい場所に移動してください。

標準レポートに「直帰率」が表示

標準レポートに「直帰率」が表示されました。

GA4の直帰率を見る際の注意点

GA4で直帰率を見る方法を解説いたしました。

GA4では、直帰率はエンゲージしなかったセッションの割合のことをいいます。

エンゲージメントは、

・10秒を超えて継続したセッション
・コンバージョン イベントが発生したセッション
・2回以上のスクリーンビューもしくはページビューが発生したセッション

です。

GA4では例えば、他のページに遷移せずにそのままランディングページで離脱したとしても、10秒以上滞在している場合には、エンゲージのあったセッションとしてカウントされます。

こうした違いはしっかりと理解してデータを見る必要があります。

正文舎ではアクセス解析の導入・運用サポートも行っています

正文舎ではGA4の導入サポート、またGA4を活用してWEBサイトの集客状況を分析、改善施策のご提案なども承っております。

お困りごとがありましたら、お気軽にお声がけください。

また、ホームページは公開してからがスタートです。

公開後のサポートについても、お客様それぞれに必要なサポートをご提案させていただいております。

SEO対策の悩み、どんなコンテンツを追加していけば分からない、といったことなども、お気軽にご相談いただけますと幸いです。
(ヒアリング~お見積りまで無料です)

お問い合わせはこちら

Author of this article

遠藤

主にSEO担当、コンテンツマーケティングも得意です。2004年からSEOを開始。2021年2月より正文舎にて現職、Webディレクター、SEOディレクター。ウェブ解析士。現状のサイト分析、改善のご相談もぜひお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/k_endou_seo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

ページ最上部へ